婦人科鍼灸

当院独自の施術で自律神経の調整や下腹部の凝り、冷えの改善などを行っていくことで、月経前症候群(PMS)や月経痛の軽減、月経不順の改善、妊娠率の向上などを目的に行っていきます。
当院は、婦人科疾患及び不妊でお悩みの方の負担を少しでも軽減出来ればと考えています。

<月経前症候群(PMS)、月経困難症(月経痛)>

月経前症候群(PMS)治療の場合はまず、月経開始2週間前に施術されるのをお勧めしています。
月経痛治療の場合はまず、月経開始1週間前に施術されるのをお勧めしています。
個人差はございますが、施術された殆どの方にPMS・月経痛の軽減が見られました。

<月経不順>

月経不順の治療は週1回の施術を2~3ヶ月続けていただくことをお勧めしています。

<不妊治療>

先般の新聞記事に、体外受精の前後に鍼治療をすると、妊娠率が大幅に向上する研究成果を、ドイツと中国の研究チームがまとめたと掲載されました。
そのレポートによると、体外受精を受ける女性160人を2グループに分け、一方には体外受精の際、受精卵を子宮に戻す前後に鍼治療を実施。
残りのグループには、鍼治療をせず通常の体外受精を行ったところ、
鍼治療グループの妊娠率は42.5%に上り、通常治療の26.3%を大幅に上回ったそうです。

不妊治療は産婦人科との併用をお勧めしています。
不妊治療は週1回以上の施術をお勧めしています。また、産婦人科での治療計画に応じて、治療回数などを提案させて頂きます。

※胚移植後の治療は行っておりません。
※婦人科鍼灸の施術は女性鍼灸師が担当させて頂きます。